麻雀好き大集合!

麻雀好き大集合!
麻雀をこよなく愛し、雀荘メンバー経験もある麻雀歴20年超のsyarosukeが麻雀卓、麻雀牌、麻雀関連本、その他グッズ等を主観で紹介します。 また、フリー雀荘成績やフリー雀荘のレビューも掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

はじめに ~トップでなければ意味がない~

麻雀は、トップがとれなければ基本的に勝ち組みになれません。
理由は、通常のルールでは、オカ(25,000点もちの30,000点返しの場合、トップに入る20,000点のボーナスのこと)ががあるからです。
そのため、基本的にトップを狙うための考え方について述べていきたいと思います。
スポンサーサイト

1.麻雀でトップをとるための基本的な考え方

麻雀でトップを狙うためには、どのようにして打てばよいのでしょうか。これからその考え方を述べていきます。

1-1.麻雀はツモアガリを狙うべし

麻雀では、他家と比較して、ゲーム終了時100点でも多く点棒を持っていた人がトップになります。
そのためには、他3人と比較して点差がでるようにゲームをすすめていく必要があります。
他3人と点差を広げるには、どうすればよいかというと、ツモアガリをすることにつきます。

ここで簡単な例を挙げます。
子でマンガンを出アガリするとします。
Aさんから出アガリをしたら、Aさんとは16,000点の差がでます。
また、Bさん、Cさんとは8,000点の差がでます。

一方、子でマンガンをツモアガリしたら、親のAさんとは12,000点の差がでます。
子のBさん、Cさんとは、10,000点の差がでます。

他3人より100点でもより多く点棒を持つことがトップの条件である以上、1人との差を大きくひろげる出アガリよりも、ツモアガリのほうが相対的に勝っています。

上記では、出アガリしてもツモアガリしてもマンガンの例を取り上げましたが、実戦では、出アガリ5,200点、ツモアガリ8,000点のケースが多くあります。
出アガリしてAさんと10,400点の差、B、Cさんと5,200点の差をつけるよりも、当然親のAさんとは12,000点の差、子のBさん、Cさんとは、10,000点の差が出るよう、ツモアガリできるようにするのが基本戦略となります。

1-2ツモアガリを狙うための基本戦略

ツモアガリをするためのポイントは大きく2つあります。
1.ストレートに手を進める。
2.連続形を重視して手牌を組み立てます。
3.聴牌したらリーチをかける。

1については、相手に手を読まれるから好ましくないという人もいて、意見がわかれると思います。
しかし、やはりストレートに手を進めることが一番です。
ストレートに手をすすめると、なんといっても自分のアガリを逃すことが減ります。
もちろん、既述の通り、手を読まれたり、真っすぐいくと放銃もよくあります。
しかし、それ以上に相手が警戒してオリたり回ったりすることもあり、相手のアガリを間接的に回避することにも繋がります。
そして、相手がオリた後で悠々とツモアガリすればよいのです。

当然、ツモれる回数が多ければツモアガリする可能性が高くなるのは言うまでもありません。

2により、、最終形(待ち)が両面待ちや3面待ちのように、いい形になることが期待できます。
また、待ちの選択肢も広がり、一向聴or聴牌時点で最良の待ちを選択することができます。

よって、勿論待ち牌が多いほどツモれる可能性も高くなります。当たり前のことですよね。

3については、至って簡単です。
なんといってもプレッシャーが武器で、相手を下ろすことができるというメリットがあります。
そしてリーチをかけることによって1翻アップでき、(3割乗るといわれている)裏ドラも期待できます。
1翻くっつけて、しかも相手を下ろして悠々ツモアガリを狙えるリーチを使わないことは、基本的にありえません。
  

2.手作りの基本的な考え方

それでは、麻雀の手作りの基本的な考え方を記載していきます。

2-1.キレイな絵を他人よりも早く描くイメージで

タイトルの言葉は簡単ですが、何を言っているかわかりませんね。
説明すると、麻雀はただ牌を(4面子、1雀頭)揃えるだけではダメで、一定の牌の組み合わせがないと点数があがりません。
そのため、キレイな絵(=主に手役)を他人よりも(相対的に)早く描くようにします。
描くために画家のあなたに与えられたキャンパスが配牌であり、絵の具がツモです。絵の具は、鳴きという行為によって他人から借りることもできます。
キャンパスは、もらう時々で素材が違うので、もらった素材から、どのような絵を描くのが一番早く美しく描けるかを考える必要があります。
また、絵の具はもらえる色が決まっているわけではないので、もらえる色の傾向(残っている色の傾向)を推測しながら、絵を描く必要があります。

2-2.ドラの取り扱い

ドラは、1枚使い切るだけで、(当たり前ですが)1翻アップします。
そのため、使い切ることがほぼキレイな絵に繋がると考えて、聴牌まで持って使うのが基本です。
このサイトで最初に「ストレートに打つ」といっていて、使いづらいドラを持っていろだなんて矛盾しているではないか」と言われそうですが、基本はキレイな絵を最短距離で作るという意味からいくと、聴牌までもっていることに矛盾はありません。
要は、使えばより絵がキレイに完成するので、最後まで使う努力をしましょうということです。
また、自分が使えば他人はドラを使いづらくなります。
簡単にドラを切って相手が例えばポンした場合、相手にキレイな絵(ドラ3のマンガン)であることが確定してしまいます。
なので、ドラは聴牌前に切るときは、2枚以上場に見えた場合のみにしましょう。   

2-3手役の追い方

基本スタンスは最高形を目指すのですが、まずはマンガンをめざしましょう。
具体的には、手牌で2翻2面待ちを目指して手をすすめましょう。
なぜ2翻2面待ちかというと、リーチをかけてツモることにより、マンガンになるからです。
そして、マンガンを超えると、1翻増えても点数が倍になるわけではありません。よって、マンガンを基本として手作りするのが最も効率的といえます。    
  

3.基本的な手順の考え方

ここでは、手順を考える上でベースとなるキーワード別に基本的な考え方を述べて行きます。

3-1.仕掛け

ここでは、仕掛けに関する基本を述べて行きます。
プロフィール

syarosuke

Author:syarosuke
麻雀歴20年超の麻雀というゲームをこよなく愛する者。中学生から麻雀を始め、当時は家では親がうるさくて家では麻雀をすることができず、真冬でも夜中に友人と家を抜け出して山にこもって懐中電灯の灯かりで麻雀をした。フリー雀荘のメンバーとしての経歴ももつ。
学生時代は学生麻雀名人戦で3位になったこともあり、麻雀最強戦(竹書房主催)では、予選に3回出場し、内2回全国大会に出場。
現在も仕事が許す限りせっせとフリー雀荘へ足しげく通う日々を過ごす。
また、毎月の麻雀漫画(近代麻雀、ゴールド、オリジナル)の購読はもちろん欠かさない麻雀好き。

当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


カテゴリー
最近の記事
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


RSSフィード
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。